アンガーマネジメント

 

アンガーマネジメントとは、

イライラ・怒りの感情(アンガー)を、配分(マネジメント)することです。


アンガーマネジメントは、1970年代にアメリカで開発された、怒りの感情をマネジメント(上手に付き合う)するための、感情理解教育プログラムです。現在では全米の教育機関や企業、そしてスポーツ界でも広く導入され、職場環境の改善、業務 ・学習パフォーマンスの向上を目的に、長年活用されています。


アンガーマネジメントを実践することで…

■  自身の 「怒り」 は、今ここで怒ることなのか怒らなくても良い事なのか判断できるようになり、

反射的に怒りをぶつけることは無くなります。

■ 自身に 「怒り」 のポイントがあるように、相手にも 「怒り」 のポイントがあることが理解でき、

相手の言動に対し拒否するのではなく、受け入れやすくなります。

■ 感情的にならず、冷静に部下や後輩へ指導したり、意見交換ができるようになります。

■ 気分によって怒ることが無くなり、信頼される関係を築くことができます。

■ 自身のイライラを弱いところへぶつけることはなくなり、連鎖を断ち切ることができます。



≪怒り ・ 負の感情の連鎖が引き起こすコミュニケーション ・ トラブル≫

pict



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンガーマネジメントを実践すると

①機嫌や感情で叱るのではなく、相手に伝わる叱り方で指導することが出来る。
②感情をコントロールしながら、受け入れること・受け入れられないことを区別できるようになり、メンタル不全の予防に繋げる。
③機嫌によって態度が変わることなくコミュニケーションが取れ、相手を受け入れやすくなる。

怒りを感じやすい体質を改善でき、効果的にメッセージを伝えらえるようになる。
④リーダーとして必要なスキルを、 感情に流されず発揮し、周囲から信頼を得ることが出来る。
⑤自身の怒りがハラスメントに繋がりやすいことを理解し、意識して行動を改善できる。
⑥コミュニケーションインフラをより効果的に活用できるようになる。



お問い合わせはこちら、もしくはお電話にてお願いいたします。

▲ページの先頭へ戻る