盲導犬セミナーとは

盲導犬セミナーとは


最近、視覚障害者の方の公共の場での事故をよく耳にします。

こちらのセミナーは、視覚障害の方がより安心して公共交通機関を利用できるように、社員教育の一環として取り入れて頂いているセミナーです。

「盲導犬は実際に受け入れているので大丈夫」と感じる方も多くいらっしゃるとは思いますが、実際にこちらのセミナーを受けて初めて気付く事、知る事が沢山あります。

実際に盲導犬と活動をしている講師による、視覚障害者の方からの視点で行うセミナーです。

周りの人々の理解と協力が今後まだまだ必要だと感じています。

「誰かが助けてあげるだろう」という気持ちではなく、「自分が」という積極的な声掛けが尊い命を救うことになるかもしれないのです。

今後もより多くの企業様に実施していただけるよう活動を行っています。


講師紹介:井出 茂樹(イデ シゲキ)

井出さん

経歴

1975年8月14日:埼玉県坂戸市生まれ

2003年9月:難病指定されているベーチェット病 発病

1年4か月後には視力の大部分を失い弱視となる

2008年:最初の盲導犬ウィッシュとの生活を始める

2011年:公演活動を始める

2012年:ウィッシュに日本初の盲導犬への住民票が交付される

2016年:ウィッシュが引退し2頭目の盲導犬ロンドとの生活を始める

2016年:ロンドにマイナンバーが交付(日本初盲導犬への交付)

参考記事 埼玉新聞より:

http://www.saitama-np.co.jp/news/2016/08/25/05.html


<<活動を始めた動機>> (講師談)

ベーチェット病を発病し仕事ができなくなった時に自分には何ができるのだろう?

どうすれば社会復帰ができるのだろう?と悩んでいました。

目は見えなくてもまだ話すことはできと思いこの経験から学んだこと、考えたこと、

気づいたことなどを人に伝え笑顔に元気になってくれたらいいなと活動することを決めました。

視覚障碍者や盲導犬の話の中で、人とのコミュニケーションの大切さなどを伝えることを目指しています。


セミナー内容詳細

盲導犬セミナー

 

実施実績

空港・百貨店・ホテル・教育関係等

 

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで。

1年先の予約まで承っております。

少しでも気になられた方はお電話にても受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

TEL:  03-5530-8730

 


▲ページの先頭へ戻る