Category カテゴリー

「言葉の階(きざはし)」第三十四章:EAGLES ~歩き続けたならず者~

2020年4月7日 火曜日

         「言葉の階(きざはし)」
    第三十四章:EAGLES ~歩き続けたならず者~
       特別連載企画 第三十四章 
      EAGLES ~歩き続けたならず者~


 2016年1月、イーグルスの中心メンバー、グレン・フライが亡くなった。
その死にショックを受けたが、それ以上に新聞でその事を伝える訃報記事の扱いが
小さいことに衝撃を受けた。私自身見過ごすほど小さな記事だった。

 2004年秋にイーグルスのコンサートに行ってから、国内外に関わらず、
いわゆるライブに行っていない。イーグルスについては、好きではあったが、
夢中になるほどではなかった。ただ、好きな音楽、アーティストを尋ねられると、
「イーグルス」と答えることが多かった。
結構知名度も高く、音楽的に評価も高いこのバンド名をあげるのは何かと便利ではあった。
もともとウェストコーストのペパーミントのような歌姫、
リンダ・ロンシュタットのバックバンドとして結成されたが、1976年、
アメリカ合衆国独立200年のときに発売された「ホテル・カリフォルニア」が大ヒットする。
その後「ロングラン」というアルバムを発表するが、
バンドとしての活動はここまでということだろう。
グループの中心はドラム・ヴォーカルのドン・ヘンリーとギター・ヴォーカルのグレン・フライ。
かたや哲学者風、かたや典型的ヤンキーだが、ともに若いときは自己主張が強く、
歪な双頭体制のグループだった。
 (さらに…)
▲ページの先頭へ戻る