Category カテゴリー

☆★**~*パンダの独り言*~**★☆(7)

2020年7月27日 月曜日

7月も最終週になりました。
コロナ禍でつい季節を忘れてしまいそうになりますが、
例年ならもう梅雨明けしていて、暑中はがきの一枚も書いているはず・・・。
関東から東北にかけての梅雨明けはもう少しお預けのようですね。
洗濯物を太陽の下で思いっきり干したい今日この頃です!陽射しが恋しい。

それでは、今週も香香(シャンシャン)のブログにお付き合いくださいませ~。

*******************
最近、87歳になる伯母がスマートフォンに変えました。
メールでのやり取りよりもLINEの方が早いからと、ずいぶん前にもススメたのですが、
従来型の携帯電話にLINEアプリを入れてお試しした時に、
頻繁にやり取りの発生するLINEはかえって鬱陶しいと当時は思っていたようで、ずっと敬遠していました。

しかし、コロナ禍でいろいろなことを調べたりするのにどうしてもインターネット環境が必要になって、
スマートフォンに変えることを決意して、使い始めたのです。
私の伯母は80過ぎまで現役で、病院の管理栄養士でした。
70歳くらいでPCを覚えて、エクセルを使って仕入れ管理などもしていた“ツワモノ”です。
新しいことをするのは好きな人なので、最初は使い慣れないスマートフォンに悪戦苦闘していましたが、
今ではメッセージにスタンプを付けて、サクッと送ってきます。
『スタンプをいろいろと選ぶと頭の体操になるわね~』って言っていました(笑)

しかしながら、慣れるまでは結構大変でした。
周囲に教えてくれる人がいないため、私が教えに行ったり、または伯母が来たり。
時には電話をしながら、遠隔で教えたり…。
今でもわからないことがあると連絡が来ては、遠隔で教えています。
でもなかなか伝わらなくてもどかしい時もあります。
遠隔なので同じ空間を共有できていませんし、ゆっくり丁寧に教えているつもりでもいても
つい補足が必要な専門用語とかを普通に使ってしまい、『それって何?』って聞かれて、説明し直したりします。
また、何度説明してもわかってもらえないことに、すこーしだけイライラしている自分を感じこともあります。
(皆さんもそんなご経験ありませんか? (^_^;))

そんなことの繰り返しがあって、私はハッと思い出したことがあります。
相手に何かを伝える時、教える時・・・、自分が分かっていることを教える時ほど、自分本位で教えてしまいがちだと。

これは若い時に受けたディズニートレーナープログラム(米国版)で教わった落とし穴の一つでした。

相手は知らない、でも自分は分かっている・・・ほとんどがそんな状況なのですが、
そういう時こそ、より丁寧に一つ一つ細分化して教えること! そんなことを思い出させてくれました。

今では、後輩に何かを教える機会も少なくなってきたので、すっかり忘れていましたね。
今回は身内の話で恐縮でしたが、80も後半になってスマートフォンと格闘している伯母を改めて頼もしく思いました。

私がもっと年齢を重ねた時、新しいことを始める勇気を持てるかしら…
そうなれるよう、この1週間もまた踏ん張ろうっと。

*******************
今週のパンダの独り言は…

Caution there must be, of course, along with venturesome courage.

                    Walt Disney.

慎重さはもちろん大切ですが、それとともに、冒険する勇気も持ってください。

☆★**~*パンダの独り言*~**★☆(6)

2020年7月20日 月曜日

今週は3日間だけお仕事、という方が多いと思います。
テレワーク続きで、お仕事とプライベートの区別が付けづらくなってきた、という声もよく聞きますね。
皆さんはいかがでしょうか?
今週もブログ、メルマガ担当の香香のつぶやきにお付き合いくださいませ。

***********
巷では、採用・就職活動2021が佳境を迎えていますね。
もう終えらえたところも(人も)多いと思いかもしれませんが…。
今年は新型コロナウィルスの影響で思うような活動ができなかった企業、
学生さんも多いのではないでしょうか。

新型コロナウィルスによる経済へのダメージはリーマンショック以上と言われていますが、

リーマンショック時の就職活動もなかなか大変そうでした。

今でも印象に残っている学生さんの話があります。これは当時のニュースの特集で知った話です。
とある女子大生は、リーマンショックの影響で内定していた企業から内定取消の通知を受け取ります。

内定取消・・・私には経験ありませんが、それは本当にショックな出来事なのだと想像できます。

おそらくこの女子大生も多くの企業にエントリーして、会社説明会に参加し、書類選考を経て面接にこぎつけ、
採用内定を得たのだと思います。日本の就職活動は非常にLong Wayですよね。
(ちなみに日本の就職活動は諸外国から見ると、とても難解のようです 苦笑 )

ようやく内定を得た企業からの取消通知にどれほど心を痛めたことか。
社会人経験が長い私でもこんな通知には心が折れてしまいます。

でも、その彼女がすごかったのは、その通知を受け取った後の行動です。
うろ覚えで恐縮ですが、確かそれまでの就職活動で使用していたスーツなどを廃棄して、
新たなスーツを購入して就職活動を再開したのです。それは確か、4年生の秋ごろの話だったと思います。
そして彼女は卒業までに就職先を決めたのでした。

彼女は内定取消をもろともせず(本当は傷心だったでしょうに)、新たな道を切り開くべく行動を起こした・・・
大人の私もそのニュースには非常に勇気づけられたことを今でも覚えています。
困難に直面しても、あきらめずに行動を起こすことのすばらしさを教えてもらいました。

私自身、自分の道を見失った経験があります。
その時、私を救ってくれたのは恩人の言葉とその時に薦められた一冊の本です。

その本は『その幸せは偶然ではないんです(J.D. クランボルツ、A.S. レヴィン共著)』です。
キャリアデザインを考える上で名著な一冊です。

私は当時、本当に道に迷っていたので何回も読み直しては、心に響いた一文にマーカーを引きました。
今でも私のバイブル的な一冊です。

ご存知の方も多い一冊かと思います。

オムニバス形式で、非常に読みやすい本なので、

知らなかった方、もしご興味をお持ちいただけたなら、ぜひお手に取ってみてください。

学生の皆さん、企業の皆さん
今までとは違う施策が必要なコロナ禍ですが、
少しでも納得のいく就職活動、採用活動となりますように、お祈りしております。

それでは、今週もコロナに負けず、踏ん張っていきましょう~。


********

今週のパンダの独り言は…

Everyone had been remarkably influence by a book. 
                            Walt Disney

人は誰でも人生を決定づけるような本と出会います。

☆★**~*パンダの独り言*~**★☆(5)

2020年7月13日 月曜日

みなさん、お元気ですか?
ブログ、メルマガ担当の香香です。
7月も早、折り返しです。

突然ですが、前にも増して手洗いをするせいか、夏なのにハンドクリームが手放せなくなりました。
みなさんはいかがですか?
そこで遅ればせながらハンドクリーム市場を調べてみました。
知らかなったのですが、消毒作用のあるハンドクリームの種類が意外とあありますね。
そんな商品が作られていたんだなぁ~と感心しました。
何かを触るたびに毎回手を洗ったり、除菌シートで拭いたり、アルコールジェルなどを塗布すると
さらに手が荒れますよね。消毒と保湿が同時にできるのはいいかも・・・です(*^^)v

さて、前置きが長くなりましたが、先週ちょっとうれしいことがあったので今日はそれを書きたいと思います。

******
コロナ禍でマスクを着用しているかと思いますが、意外と表情が乏しくなっている自分に気づきませんか?
先日いつも行く、とあるファミリーレストランでちょっとうれしい、ほっこりすることがありました。
いつもといっても1週間に1回くらいの割合でしか行かないお店です。それなのにマスクをしている私に、
『お姉さん、久しぶりですね。元気でした?』とスタッフさんが声をかけてくれたのです。
2週間ぶりくらいの入店だったのですが、私を見るなりそんな風にお声をかけられてちょっとびっくりしました。

だって、今はコロナ禍でみんなマスクをしていて顔の表情もわからないし、すれ違う時も
「そんなによけなくてもいいじゃん」って思うほど、接近に敏感になっている人もいますから、
仕方がないとはいえ、世の中が殺伐としている気がして・・・。
そんな中での出来事だったので、ホントにうれしかったんですね。

果たして、そのスタッフさんはマスクをしていてほぼ表情の見えない私をどんな風に覚えてくれていたのか…
おそらくは持ち物(私はだいたいいつも同じバックなので)などから、認識してくれたのだと思うのですが、
思わず、マスクの私も笑顔になりました。たぶん目が十分に笑えていたと思います(笑)

それにコロナ禍になる前から人手不足でオーダーなどがセルフサービスになって
どこか機械的なサービスをせざるを得ない今、『元気でした?』なんて、
なかなか耳にすることはできないと思いませんか(喜)

もともとちょっとしたことで感動しやすい私ではありますが、こんな世の中だからこそ、
ともすれば見過ごしてしまいそうな出来事、知らないうちに通過してしまいそうな出来事に
もっと敏感に気づきたいなぁと思いましたね。
なので今日はもう一つ、書きたいことがあります。

長くなりますが、お付き合いくださいませ。

マスクをしているとどうしても無表情になりやすい、と前述しましたが、
だからこそ、言葉を使わないコミュニケーションがとても大切だと改めて感じた出来事です。

狭い通路ですれ違う時、今までだったら『すみません。ごめんなさい』など、声に出せていたことも
マスクという一枚の布に阻まれてなんとなくおっくうに感じたり、もっと言うと『どうせマスクしていて
聞こえないから、まぁいっか』と省略してしまったり…
ちょっとした『すみません』、もしくは『ありがとう』の気持ちを失くしてはいないだろうか、
と自戒の念を込めて考えてみました。

そんな時、電車の乗り降りで、たまたま急接近してきた女性の方が
大きな身振り手振りで『すみません』の気持ちを表してくれたんです。
私もつられて『大丈夫ですよ』の気持ちをいつも以上に大きなOKサインを作って返しました(笑)

こんな風にコロナ禍にあっても、これまでしてきたことをなくさずに形を変えてコミュニケーションが取れれば、
今は不自由に感じる新しい生活習慣も受け入れられるのではないかと、思うようになりました。

気温が上がる夏ごろにはコロナは終息するのでは?という当初の見方もあったようですが、
残念ながらそうもいかないようですね。
コロナ禍にあっていろいろなことが変わりつつありますが、変えていくべきこと、変えてはならないこと…
しっかりと見極める力を試されているようにも思います。

長くサービス業で働いていた者として、サービス業にとって大切なコミュニケーションの心を
コロナにもって行かれるのは、我慢なりません…(悲)
コロナ禍で新しい働き方や生き方が求められる今、人に対する思いやりの気持ちを失くさないようにと
今回遭遇した出来事で改めて実感しました。

さぁ、今週も始まりました。
このうれしかった出来事を糧に今週も踏ん張ろうっと!


Believe in the future, the world is getting better.
                            Walt Disney.
未来を信じなさい。そうすれば世界はよくなっていきます。

 

☆★**~*パンダの独り言*~**★☆(4)

2020年7月6日 月曜日

皆さん、7月になって早2週間目ですね。

梅雨明けが待ち遠しいブログとメルマガ担当、香香です。

東京都内の感染者数がまた増えています。

引き続き、予防しながら過ごしましょう~

***********************


昨日、久しぶりに『情熱大陸』を観ました。

ご覧になった方、いるでしょうか。


東京フィルハーモニー交響楽団の公演再開までの道のり、3ヶ月間を追った内容です。

人が集まるエンターテイメントの世界は新型コロナウィルスの影響をもろに受けている

業界の一つですよね。


東京フィルハーモニー交響楽団は1911年創立。とても歴史ある楽団です。

この歴史ある楽団にとっても、コロナの影響はとても大きなものであり、

公演再開の決意もまた、容易なことではなかったようです。


人々に求められてなんぼの世界・・・

心無い言葉をSNSなどで見ることも少なくなかった、と話す楽団員の方もいました。


公演は客席を半数以下に減らして赤字覚悟の運営だったと、ナレーションが流れます。

公演を再開させるための工夫や楽団員の皆さんの思いを知り、

『そうだったんだ~、大変だったんだ~』と、何回もつぶやきながら

かなり前のめりに見入ってしまいました。

演奏が始まるとお客様はもちろん、楽団員の方々の目がどことなくうるんでいるようにも見えました。

感極まって(管楽器を)吹けなくなったらどうするんだろう…なんて画面のこちら側で

勝手な心配をしていましたが、そこはやっぱりプロです!そんな事態にはなりませんね(笑)


演奏終了後のインタビューで、とある楽団員の方が

『定期会員の方がいつもと同じ席に座っているのが見えた。あの人も元気だった、と思った』

というようなことを話されているのを聞いて、ちょっとジーンときちゃいました。


これまでの荒波を跳ねのけて、乗り越えた瞬間だったと感じました。

演奏者と観客、そして番組を観ている私。

一体感とでもいいますか・・・。じわじわと感じました。


残念ながらコロナの影響はまだ続きそうです。

でも様々な工夫によって新たな世界を手に入れようと頑張っている各分野の方々の姿を見て、

画面越しではありますが、私自身も大きなエネルギーをもらいました。

まだやれることはある!対面研修の再開に向けて私もがんばろうっと!


それでは、今週も踏ん張っていきましょう!


***********************

今週の「パンダの独り言」


Don’t forget. The biggest attraction isn’t here yet.

People.

You fill this place with people, and you’ll ready have a show. 

                                                                       Walt Disney

忘れないでほしい。最大のアトラクションはまだ来ていないんだよ。

それは人だ。この場所を人でいっぱいにするんだ。それが本当のショーの始まりなんだ。

「言葉の階(きざはし)」第三十五章:ワールドカップ

2020年7月2日 木曜日

「言葉の階(きざはし)」 第三十五章:ワールドカップ

特別連載企画 第三十五章  ~ワールドカップ~

 

 

 2019年9月20日から1か月半、日本国内で開催されたラグビーのワールドカップが、
南アフリカの3度目の優勝ということで終了した。

 ラグビーというスポーツは番狂わせの少ない試合が多いといわれている。
かなり以前よりヨーロッパの5か国、南半球の3か国は絶対的な強さを誇っており、
この8強以外の国が勝ち上がることはない、と信じられていた。
前回のイギリス大会で日本が南アフリカを破ったとき、
新聞各紙は「ラグビー史上最大の番狂わせ」と報じたが、
ラグビーに関心をもつ誰もがそう思ったろう。
 (さらに…)
▲ページの先頭へ戻る