Category カテゴリー

「言葉の階(きざはし)」第三十七章:ふたたびコバエ

2020年9月28日 月曜日

「言葉の階(きざはし)」第三十七章:ふたたびコバエ

特別連載企画 第三十七章 ~ ふたたびコバエ ~

 アメリカの映画界では10年単位で、その時代を代表する、
あるいは象徴するスターが存在していた。
古くは「強いアメリカ」「アメリカの良心」を体現していたゲーリー・クーパー、
ジョン・ウェイン、ジェームズ・スチュアートといったところだが、
これが1950年代に現れたスターがそれまでの常識を一気に覆す。
マーロン・ブランド。我々にとっては、
「ゴッドファーザー」の爺さんのイメージが強いが、
黒の革ジャンにふてぶてしい表情。アメリカのスター観は変わる。
60年代はマーロン・ブランドと同様「反逆児」のイメージで登場したポール・ニューマン。
それとアクションスターとして独自の道を歩んでいたスティーブ・マックイーン。
70年代はいきなりアンチヒーローの時代となる。
いわゆるニューシネマと称される「俺たちに明日はない」
「明日に向かって撃て」「イージーライダー」「真夜中のカーボーイ」等々。
既成概念、常識といったものへの反発。権力への対抗心と自由への希求。
映画の主人公たちは犯罪者や等身大の人間、
およそヒーローとはかけ離れた見栄えもさえない人々で、その多くはラストで死んでいく。
代表的な俳優は、ジャック・ニコルソン。ダスティン・ホフマン。アル・パチーノ。
これに映画監督、製作者としても才能満開の
ウォーレン・ベイティとロバート・レッドフォード。
彼らは毎年のようにアカデミー賞にノミネートされ、
最終的には生涯、受賞できない俳優もいた。
こんな70年代。それぞれ独自の道を歩んでいたから、
時代を象徴、代表するスターは「いなかった」。
ただ、あまり映画賞に縁がなく、アメリカらしい爽やかな2枚目スター、
ロバート・レッドフォードが「なんとなく」という感じで
70年代を代表するスターであったのだろう。

 この頃の映画や音楽の話をしたらきりがない。

 そこで80年代は「ヒーロー回帰」と相成る。
70年代後半の「スターウォーズ」以降スクリーンにヒーローが帰ってくる。
その代表がハリソン・フォードだろう。「スターウォーズ」の「ハンソロ」役でブレイクすると、
大統領から未来の戦士、どこか昔の西部劇を思わせる佇まいで大スターとなるが、
「一番のはまり役は?」と尋ねられると、
「インディ・ジョーンズ」とキャラクター名を挙げてしまう。

 またコバエが出てきた。昨年の春から綴っているこのシリーズは40編、
1年間で終了するつもりだった。5月にはなんとか・・・と思っていたのだが、
題材が思い浮かばない。ついでに根気もない。
まさか再びコバエに悩まされる時期までずれ込むとは思わなかった。
今年は梅雨の期間が長く、ゴミが臭気を漂わすことも多かった。
あちらこちらでコバエを目にした。黙っていると、
いつに間にか成長して飛ぶのも大儀そうになっているので「コバエホイホイ」という
ちょっと値が張る物を見栄張って買い求めた。

 例によってコバエが多くいるキッチンのテーブルに置いておくだけで何匹か撃沈している。
ところが、ある日ちょっと流しで水を出したら、やたらとコバエが飛び交った。
関係ない話だが、「インディ・ジョーンズ失われた聖櫃」の中で、
意表を突かれた、というか拍子抜けして思わず笑ってしまうシーンがある。
現地でさまざまな危機に遭遇し、インディはそのたびに危機を脱する。
そこにいかにも強そうな黒づくめの大男が大きな剣をもって登場。
ここで、昔の歴史劇のように剣で一騎打ちと思った瞬間、拳銃でズトーン。

 「これってありかよ」と思いつつ、笑った。そんなわけで、
このとき、やたらコバエが多いので噴霧器の殺虫剤を使ったら、大量に落ちた。
おもわず笑った。

 

「言葉の階(きざはし)」第三十六章:タクシー料金

2020年9月24日 木曜日

「言葉の階(きざはし)」第三十六章:タクシー料金

特別連載企画 第三十六章 ~ タクシー料金 ~

 

 

身体の自由が利かなくなって、タクシーを使うことが多くなった。
以前だったら多少無理してもとか、少しぐらい身体に負担があっても動かしたほうがいい、
と結論付け、とにかく金を使わず、体を使うことを第一に考えていた。

 東京・大田区と川崎市・中原区に架かるガス橋の近くに住むようになって4年になる。
改めて地図を見ることもなかったが、川崎側にいながら川崎駅より蒲田駅から利用する方が
距離的にも、時間的にも便利だ。案の定スムーズに流れれば、
蒲田からタクシーを利用した方が早く、かつ料金的にも安価だ。
ただし、橋はいくつもあるわけではないので、
時には混みあっていることも頭に入れておかねばならない。

 先日もいろいろ買い込んだので、電車で帰るのが不安にあり、タクシーを利用した。
ところが、このあたりにあまり来たことがないのか、運転手は道のことをあまり語らず、
抜け道などを知っている様子もない。当たり前の国道を標識に従って通るばかりだった。
すでにガス橋に入る前からいい料金がメーターに表示されていた。
我々はいかなる目的、意図をもってタクシーを利用しているのだろう?と、ふと考えた。

 まず、利便性を期待する。普通に乗車し、降車できるのだったら、電車で構わないだろう。
あえて、タクシーを利用するのは、
手にしているものが傷つかぬよう、損なわれないようにしたいからだ。

 第2に、早くモノを移動させたいから。
特に生もののような食品を手にしているときなど、モノが悪くならないよう、
早く到着したいという理由からだ。

 そして、安心感を得たいがため。
つまり自分自身が安心して「移動できること」が主たる目的だが、
公共の交通機関では揺られ、振られアブナイ。安心して移動したいという想い

 さて、メーターを見る。利用する我々が意図していない時間の経過。
にもかかわらず、その分まで料金が計上されていく。
これっておかしくないか?費やされる時間が長ければ長いほど期待するのは、
映画や演劇の類ぐらいで、それだって、昔の
「風と共に去りぬ」「アラビアのロレンス」「ベン・ハー」ならまだしも、
映画界だって今は長時間の映画は避ける傾向だ。
同じ姿勢で快適に過ごせる時間はそんなに長くはないのだろう。

 ガス橋は混雑していた。タクシーは遅々として進まない。
エンジンを噴かせただけで、メーターが上がるような感覚だ。
こんなところで経済観念を働かせても仕方ないが、生まれついての性格なのだろう、
同じ距離を走って料金が異なると、やたら気になる。
だったら公共の交通手段を利用して、タクシー。特急料金などを控えればいいのだろう。

 いずれにしても、今までで一番高額の蒲田からのタクシー料金だった。
おかげでいつも降車するところより手前で降りた。
運転手は何も言わないが、私は口癖なのだろう、「すみません」という言葉をかけてから
運賃を尋ねてしまった。
こうなると「高いな=」と言えない。相変わらず小市民である。

 

☆★**~*パンダの独り言*~**★☆(14)

2020年9月15日 火曜日

最近は、日の出は遅くなって、日の入りはだいぶ早くなりましたね。
私は30代までは夏が苦手でした。
非常に多忙だったこともあって、夏を楽しむ余裕なんてなかったです。
通勤するのが精一杯といいますか…笑
でも、ここ数年はなんとなく夏の終わりをさみしく感じるようになりました。
夕暮れ時にふと頭の中に流れる曲は、山下達郎さんの『さよなら夏の日』♪
としまえんでのデートの思い出を歌った曲だそうですよ。
としまえん、終わっちゃいましたが・・・

なんとなくしんみりの香香のブログ・・・今週もお付き合いくださいませ。

**********
コロナの影響が経済活動や企業活動に出始めて、半年余りが経ちますが
新しい生活様式に慣れてきたようにも思います。
特にマスク着用については、着けていないことの方が違和感すら覚えます。
皆さんはいかがでしょうか。

コロナを乗り越える、またはコロナと共に生きるために
様々なアイデアでこの状況を乗り切ろうとしている方々が多いと思います。
これまでやらなかったこと、自分の仕事にはあまり関係がなかった分野などにも興味を持って
新しい発想で取り組もうとしていると思います。
当たり前のことですが、私を含め、今ほど柔軟な発想が求められているときはないと実感します。

コロナと共に生きるためのアイデアを考えて、形にしていくこと。
根気強く、向き合って形にしていくこと。

途中で息切れしたり、走るのをやめたり・・・
それでもあきらめずにレースを続けていればゴールできるでしょうか。

できます!
強い信念を持って、今週も船を前へ前へ進めましょう。

**********
今日のパンダの独り言
But we were in then and it was the point of no return.
We went ahead and made it.           Walt Disney

もう後戻りはできません。
そのまま前進し続け、成功を手に入れるのみです。


ーーーーーーー
ワンランクアップ講座のご紹介
『もっと輝け☆私』をテーマに元CAがお送りする全6講座の紹介です。
ワンランクアップを目指して一緒に自分磨きをしませんか。
↓ 詳しくは動画をご覧ください。
https://youtu.be/m1EN5i0Gdkk

☆★**~*パンダの独り言*~**★☆(13)

2020年9月7日 月曜日

9月に入りましたが、まだ暑が続きます。
暑い・・・
子どもの頃の9月初めは、朝晩はひんやりし始めて、
秋の気配を感じられたものですが、今はなかなかそうもいきませんね。
これも地球温暖化の影響?台風も大型だし。

でもスーパーや八百屋さんで見かける食材は少しずつ秋めいてきました。
新栗の登場にちょっと心踊る香香です。
食欲の秋を迎える胃袋の準備は万端!
それでは、今週も香香のブログにお付き合いくださいませ。

**********
今は対面研修の実施はなかなか難しいもので、
研修に限らず学校の授業などもオンラインが主流になっていますよね。

コロナ感染予防を考えると仕方がないのですが、
私はやっぱり、まだどこかで『対面研修の良さ』を信じてやみません…(^-^)

昔、IT系の専門学校から講演の依頼を受けたことがあるのですが、
正直、人と接しない職業を希望している学生さんに対して
ディズニーサービスの素晴らしさをどう伝えようか、お引き受けそのものを
迷うほどでした。

一日中パソコンに向き合っている学生さんに
ディズニーサービスから生まれる感動を伝えてどうなるのか、と悩んだわけです。

さんざん悩んだあげく、『いや、ここは分け隔てなく他社と同じ内容で行こう』と
決めました。
でも最後に伝えるメッセージだけは変えました。

思いの外、熱心に聞いてくれた学生さんたち。今はどうしているかな~。

講演の締めくくりとして、
『皆さんは、普段はほとんど目の前のパソコンに向かっていて
人との接触は少ないかもしれませんが、皆さんが作ったプログラムの向こう側に
使ってくれる人がいる、ということをいつも忘れないでいてください』 というような内容で
オリジナルのスライドショーに載せて流したように記憶しています。

講演後、ありがたいことに何人かの学生さんからお手紙をいただきました。
『自分は人づきあいが苦手で、将来はパソコンを使う仕事に就きたいと思っているが、
何か作るときにはそれを使う人がいる、ということを念頭に置いて、独りよがりに
ならないものを作りたいと思う』 というメッセージをいただいたときは、
引き受けてよかった、と心から思いました。

ディズニーサービスの素晴らしさは、同じサービス業の方々には
比較的、伝わりやすいのですが、
あまり人と対面しない職業の方々に、
その素晴らしさを伝えるのは難しいものです。

でも、人は『誰かの役に立ちたい』と思っていることが多く、
人と対面しなくても誰かの助けになることがあり、
目には見えなくても、
そこには必ず『人』が存在することを分かってほしいと思って学生さんたちに伝えたんです。 
お手紙を読んだ時は、伝わってよかった~っと思った瞬間でした。

ディズニーの研修は、『研修担当者からの講話』、『ロールプレイなどの体験』、
それと『映像で見せる』(今風に言うと静止画や動画)・・・
これらを織り交ぜて一つの研修になっています。(今も同じかな?)

この手法が参加者の心を一つにしてくれるんです。
特に映像を取り入れて研修を締めくくる手法は効果絶大!

(他社でも実証済み(*^^)v)

研修の手法がオンラインだけではなく、以前のように対面研修もできるようになって、
同じ空間で、同じものを見て、聞いて、触って、時には味わって、いろんな思いを共有できたら
悩みや課題を解決できるものだと、やっぱり信じているんだなぁ。
このブログを書いていて改めて思いました。

その日が来るまで、オンライン研修と併行して踏ん張ります!
コロナと共に・・・

**********
今日のパンダの独り言
Because the eye is the most sensitive and
dependable of our sense organs,
the motion picture offers the widest,
direct avenue to our emotions.   Walt Disney

視覚は人間の感覚神経の中で最も敏感で信頼できる。
だからこそ、映画は我々の感情に確実に届くものだ。

ーーーーーーー
ワンランクアップ講座のご紹介
『もっと輝け☆私』をテーマに元CAがお送りする全6講座の紹介です。
ワンランクアップを目指して一緒に自分磨きをしませんか。
↓ 詳しくは動画をご覧ください。
https://youtu.be/m1EN5i0Gdkk

▲ページの先頭へ戻る