Category カテゴリー

☆★**~*パンダの独り言*~**★☆(16)なんとなくホッとする

2020年10月13日 火曜日

ここのところ気温のアップダウンが激しいですね。
季節の変わり目で体調を崩していませんか。


私もコロナ禍で風邪は引きたくないと思っていつも以上に気を使います。
感染予防は大切ですが、過剰になり過ぎて自分が疲れていると感じたら
必要最小限のところでとどめて、少し休みましょう~。

それでは今週も香香のブログにお付き合いくださいませ~。

********
先日、とあるチェーン店の洋風居酒屋に入りました。
駅によくある洋風の「P」から始まるあのお店です(笑)
私、結構好きなんです。

店内に入る前に手指の消毒はもちろんですが、体温チェックもありました。
使っていたのは、非接触型のピストルみたいな体温計(なんと表現していいやら)です。

あの形の体温計で測る瞬間って、
向けられた側はけっこうドキッとしませんか(苦笑)

私はなんとなく頭を撃ち抜かれるような気がして、どきどきします。

でも他にやりようがありませんから、仕方ないですよね。

・・・と思っていたら、その「P」から始まるお店では、
『体温を測らせていただきます』、と言ってオデコ
に体温計を片手で向けると、
もう片方の手をピストル型の体温計の下に添えて

両手で測るかのように私のオデコにかざしたのでした。

他のお店ではほとんどの人が少し距離をおいて片手で、
ホントにピストルで射抜くかのうように構えて測る店員さんが多いのですが、
この「P」で始まるお店は違いました。

うまく文章でその形を表現できているかわかりませんが、
もう片方の手を加える(添える)、たったこの一つのことだけで印象が大きく違いました。

感覚的なことなので人によって感じ方の違いはあるかと思いますが…
私はなんとなく「片手だけ」の時よりも、圧迫感がなかったですね。
射抜かれ感がなかったです・・・w

あと、測りっぱなしにしないのもよかったですね。
例えば『36.3度です。大丈夫ですね。ご協力ありがとうございます』…
という具合に、終わったあとに体温が何度だったかまで言ってもらえると
なんとなくホッとします。

あ、ちなみに香香はめちゃくちゃ平熱が低いです。
35.4度とか、時々計測不能でエラーになります(^_^;)

そのお店の素晴らしいところは、どのスタッフさんも同じやり方で(両手で)
計測してくれる、ということ。

スタッフ全員が同じおもてなしができるよう、浸透するしくみでもあるのでしょうか。
素敵な空間です。

 

コロナ禍では、いろいろなことに敏感になります。
お店のスタッフさんにとっては不特定多数の方が来店する中で、
自分も感染しないようにと緊張感もあると思います。
クラスターが起きてしまったらそのお店は閉めなくてはならないですもんね。

コロナ感染の影響を考えると、これまでのようなハートウォーミングな対応は
望めないこともあるかもしれない、と頭では理解しています。
そんな中で出会えた、ちょっとした心遣いのあるお店は
やっぱり贔屓にしてしまいますね♪

研修業界では対面研修の復活はまだまだ望めませんが、
もし叶う時が来たら参加される方の不安を取り除いた状態で
安心して受講してもらえるよう、
心遣いを忘れないようにしたいと思いました。
安心して学べる環境でなければ、吸収率も違いますよね、きっと。

早くも10月も折り返しに差し掛かりました。
今週もいろいろなアイデアで踏ん張りましょう~。

**********
今週のパンダの独り言
You don’t build it for yourself.
You know what the people want and you build it for them. 
Walt Disney

自分のために行動するのではありません。
人が何を求めているかを知り、それを実行するのです。

▲ページの先頭へ戻る